スマホチャットレディの税金

チャットレディのお仕事をする上で気になるのが「税金がいくらかかるか」「税金はどうなるの?」ということが気になる方も多いと思います。

チャットレディでお仕事をした場合、在宅、通勤のどちらにも関わらず給料の金額によっては確定申告で税金を支払わないといけない場合があります。

スマホチャットレディのお仕事をして税金が発生するとバレるリスクも

チャットレディのお仕事をしている人、またはこれから始める人で注意したいことに「税金の支払い」があります。

税金はお仕事をしている人全てに支払い義務があるわけではありませんが、支払い義務のある人が税金を納めずに隠し通すことは不可能なので、支払い義務のある人は必ず確定申告をして税金を支払う必要があります。

確定申告をして税金を支払うようになると、扶養の範囲内、副業でお仕事をしている人にとってはちょっと都合の悪い事態になります。
確定申告で税金を支払う場合、扶養控除から外れることになるので、そこで世帯の主な所得者にお仕事をしていることがバレてしまうケースもあるのです。

そういったこともあり、扶養や副業でお仕事をしている、これからしたいと思っている人は、バレたくない場合は税金の支払い義務を発生させたくないという人もいます。

では、どうすれば良いか、それはこれからご紹介する額に収入を抑えるようにすると、税金の支払い義務が発生せず、扶養や副業の範囲内に抑えてお仕事をすることができます。

スマホチャットレディのお仕事は「個人事業主」になる

チャットレディのお仕事は在宅で、通勤でのどちらの場合でも「個人事業主」になるので、よく言われる「130万円や103万円の壁」というのは個人事業主ではなく、パートやアルバイト、正社員といった「給与所得者」に当てはまるものなので混同しないように注意が必要です。

個人事業主は「開業届」を管轄の税務署に提出する必要がありますが、チャットレディのお仕事をする人が全て提出する必要があるわけではなく、毎月お小遣い程度の収入であれば開業届の必要はありません。

しかし、毎月コンスタントに何十万円、100万円以上の収入が発生する場合は個人事業主として「開業届」を管轄の税務署へ行う必要があります。

扶養範囲内でスマホチャットレディのお仕事をしたいなら収入を年間38万円以内に抑える

先ほど、給与所得者の場合は103万円の壁があるけど、個人事業主であるチャットレディのお仕事では当てはまらないとお話ししましたが、どういうことなのか気になる人も多いと思います。

給与所得者の103万円の壁というのは、扶養控除の範囲から外れるか外れないかの基準となる金額ということはよく知られていますが、その内訳は、「基礎控除」「給与所得控除」の2種類があります。

基礎控除38万円、給与所得控除65万円を合わせて103万円の控除額として計上されるので、個人事業主であるチャットレディのお仕事の場合は、基礎控除の部分だけが適用されます。

開業届を出して経費計上をして年間何十万円稼いでも、確定申告で申請する経費を除いた金額が38万円以内に収まれば扶養から外れないということになります。

税金を支払ってしっかり稼ぐという選択肢もある

扶養控除や副業としてお仕事をする場合は扶養控除内に収まるか、確定申告で税金の支払いが必要になるかといったことに注意したいところですが、チャットレディのお仕事は頑張り次第で月々100万円以上稼ぐこともできるお仕事です。

毎月しっかり稼ぎたい!という方は、きちんと税金を支払って毎月しっかり稼ぐという選択肢もあります。
チャットレディはこれくらい稼げるお仕事なんですね。

もし税金を支払って毎月しっかり稼ぎたい!という場合は、個人事業主としての届け出や節税対策も必要になるので、知識が豊富な税理士さんに相談するのがベストです。

しっかり稼ぎたい場合は、きっちり稼いできちんと納税することが大切なポイントです。

スマホチャットレディのお仕事を扶養の範囲内でするには

チャットレディのお仕事をするときに扶養の範囲内でしたいという方は多いと思います。
ですが、お仕事をして年間所得が年間20万円を超える場合は確定申告が必要になります。

個人事業主でいう所得というのは、

収入(チャットレディの報酬)-経費(パソコンやWEBカメラなど仕事に必要なもの)=所得

となります。
この所得が20万円を超えてしまう場合は確定申告が必要になるんですね。

チャットレディのお仕事をする人には、お仕事を扶養の範囲内でしたいという他に、「いくらまでならバレないか」ということが気になる方も多いと思います。

扶養の範囲を超えてしまうと夫に副業していることがバレてしまう、家族にバレてしまうと困る、という方は扶養の範囲内でどのくらいまでなら大丈夫なのかが気になるところです。

お仕事をした場合、稼いだ所得によって税金の通知が異なるので、通知が届くのは一切ない方がいいか、郵送で通知が来ても大丈夫かによって稼いでもいい金額が変わってくるのでぜひ知っておきたいところです。

まず、税金には「所得税」と「住民税」があり、年間所得によって所得税がかかるか、所得税と住民税の両方がかかるかが変わってきます。

所得税は、年間38万円以下の所得の場合はかかりません。
住民税は地域によって異なりますが、最低で年間28万円から、おおよそのめやすで年間35万円の所得では住民税がかからない、といった基準があります。
この基準は地域によって異なるので確認しておくことが必要です。

そのことを踏まえて考えてみると、所得税、住民税の通知が一切来ない方が良い場合、所得税の通知は来ても大丈夫、所得税と住民税の両方の通知が来ても大丈夫、というパターンがあります。

所得税や住民税の通知が一切来ない方が良いという方は年間所得20万円に抑えて確定申告も税金の通知も不要な範囲内で

確定申告はしても大丈夫、所得税の通知だけなら問題ないという場合は、21万円~28万円の範囲内で

確定申告をして所得税、住民税の両方の通知が来ても大丈夫という場合は38万円以内の範囲内で

確定申告をしているところを見られず、所得税、住民税の支払いを隠してお仕事ができる場合は、38万円以内でお仕事をするといいということになります。

同じ扶養の範囲内でも、確定申告が必要か、所得税、住民税の支払いが発生するかによって稼ぐ金額が変わってくるんですね。

学生や主婦の場合は、扶養から外れると税金の支払い以外にも健康保険や年金も自分で払うようになるので、負担がとても大きくなります。

ですが、チャットレディのお仕事でしっかり稼ぎたい!という方には、「所得税、住民税の支払いがあっても家族にチャットレディのお仕事ということがバレなければいい」という方もいます。

また、「もしバレたときにチャットレディのお仕事ということを隠し通す自信がない」という方もアリバイ会社のあるチャットレディサイトであれば、1つの会社に在籍しているという状態でチャットレディのお仕事をすることができます。

アリバイ会社のあるチャットレディについては後ほどご紹介したいと思います。

スマホチャットレディは自分に合った範囲内でお仕事をしよう

こういったことを考慮すると、扶養内20万円以下であれば、確定申告や税金を収める義務がないので、所得が20万円を超えないのであれば、そもそも確定申告も税金を支払う義務がないのでバレることはなく安心です。

お小遣い稼ぎでお仕事をしたい主婦の方にはこの方法が一番安全といえます。
また、親の扶養に入っていて、チャットレディのお仕事がバレたら困る、という方も確定申告、税金の支払いが発生しない方法が安全ですね。

もし、確定申告をするところを見られない自信がある人なら、28万円を超えない範囲の所得なら、確定申告をしているところさえバレなければ、税金は1円も支払う義務はないのでバレることはないと考えられます。

確定申告をするところを見られない自信がある、住民税の通知書を見られない自信があるという方は、所得が38万円を超えない範囲であれば、確定申告をしているところと住民税の支払いを隠し通せば夫や親にはバレないということになります。

そして、ちょっとハードルは高くなる印象もありますが、扶養範囲をこえる額を稼いでもアリバイ会社を通すことでチャットレディとバレなければ大丈夫、という方法もあります。
この場合は税金額がかかってもチャットレディのお仕事ということがバレないので、いくら稼いでもOKということになります。

「アリバイ会社って大丈夫?」「電話されても大丈夫なの?」と思う方も多いと思いますが、チャットレディにはアリバイ会社があるので、もし電話されてもアリバイ会社で対応してくれるのでそもそもOKなんですね。

関連記事:スマホで稼ぐならチャットレディがおすすめ

スマホチャット レディの税金について、副業でお仕事をする場合

チャットレディのお仕事を副業として行っている方にとって気になるのが「本業にバレてしまうんじゃないか」ということだと思います。
副業が本業にバレてしまうパターンには2つあります。

副業の金額が20万円以下の人がバレるパターン

会社の給料から引かれる住民税の請求額が、同等の給与の他の社員より多い
住民税の請求を会社に送られてしまう

副業の金額が20万円以上の人がバレるパターン

「特別徴収税額の通知書」の「その他の所得」の欄に副業の所得金額やチェックが書いてある
給与所得の金額が同じ給与の社員より多い数字が書いてある
副業の収入に関することがこの会社に送られてくる通知書にまざって請求されてしまう

マイナンバー制度でバレることはない

マイナンバー制度が導入されたことで「副業が本業の会社にバレるんじゃないか」と心配な方も多いと思いますが、その心配はないといえます。

マイナンバー制度は年末調整などの税金を収める金額を国が把握することを目的に、マイナンバー制度が始まったので、「会社に副業がバレる」という心配はないんですね。

副業が本業にバレないためにはどうすればいい?

20万円以下で副業を会社にバレないようにするためには、まず所得が20万円以下であれば確定申告をする必要がないので、所得に気を付けることが大切です。

しかし、副収入がある場合で確定申告をしない場合は、住民税の申請が必要なので注意しましょう。

21万円以上で副業を会社にバレないようにするためには、確定申告をすれば副業が会社にバレないといえます。
確定申告の際に「住民税の徴収方法」というところを、「自分で納付(普通徴収)」を選択します。
こうすることで、副収入が給与所得以外であれば本業の会社に住民税の通知が行くことは原則なく、この場合は住民税の申請は不要となります。

本業のお仕事をしている方や、主婦や学生の方にとって、本業にバレたくない、家族にバレてほしくない、と思う方、「他の人はどうしているの?」と思う方も多いと思います。

チャットレディの「GTM」では、先ほどお話ししたように「家族にバレたくない」「チャットレディのお仕事ということを内緒にしたい」という方のためにプロのスタッフのサポートが24時間できるので、安心してお仕事ができる体制を整えています。

チャットレディのお仕事歴の長いベテランスタッフも在籍しているので、分からないことや不安なことを気軽に相談できるサポート体制もバッチリです。

GTMには主婦や学生さんも多数在籍しているので、他の方も同じことで悩んでいたり不安になっていることを、経験談をもとに情報を共有できるところも魅力です。

中には月数百万円を稼いでランキング入りしたカリスマベテランスタッフも♪
そんなベテランスタッフのサポート体制と主婦や学生が多数在籍しているGTMなら安心してお仕事ができます。

安心のサポート体制でしっかり稼げるGTMでお仕事をしてみませんか?

アリバイ対策バッチリ安心のサポート体制のGTMを見てみる

スマホチャットレディの確定申告のやり方

チャットレディのお仕事をして確定申告をする必要がある人が確定申告をしていないと必ずバレてしまうので気を付けたいところです。

スマホチャットレディで確定申告してない(しない)と絶対に公開する

チャットレディのお仕事をしてある程度稼ぐようになったら確定申告で税金の支払い義務が発生します。
もし確定申告をしていないと、無申告加算税、延滞税、重加算税といったペナルティもあるので注意が必要です。

「申告してなくてもバレないかな」と思っているとこういったことでバレてしまう原因にもなるので、注意が必要です。

「無申告加算税」というのは、確定申告の期限内に申告を行わなかった場合に課されるペナルティで、税額に対して50万円までは15%、50万円を超える場合には20%になります。

確定申告の期限は約1か月設けられていますが、忙しくてついうっかり・・・ということもあるので、注意が必要です。

「延滞税」というのは、確定申告の申告期限を過ぎた日数分の延滞税がかかるペナルティで2カ月以内の納付か、それ以上を超えての納付かで延滞税の税率が変わるので注意が必要です。

「重加算税」は、意図的に申告を行わず税務署から指摘を受けて税金の支払いを行う場合は、先ほどお話しした「無申告加算税」と併せて重加算税の支払いが課せられます。

税金の支払いを逃れるために事実を隠蔽したり、意図的に支払いを行わないとこういったペナルティを課せられることもあるので、チャットレディのお仕事をして確定申告が必要な場合はきちんと確定申告はしっかりと行うようにしたいですね。

特に学生や主婦の方で確定申告についてあまり詳しくないという方は税務署で一度確認して、無申告によるペナルティを受けることがないようにしたいですね。

スマホチャットレディの確定申告の方法

チャットレディのお仕事をする場合、確定申告はどのようにしたらいいでしょうか。
確定申告には必要なステップが2つあります。

まずは「所得」を計算する

まずは「所得」を計算する必要があります。
所得を計算するための用紙には2種類あり、用紙の特徴から「青色申告」「白色申告」と呼ばれています。

所得を計算する計算書は青い色の方を使います。
しかし、この青い色の方を使う「青色申告」には初めの方でお話ししたように「青色申告をする予定でいます」という事前申請を含め、いろいろな事前準備が必要です。

この青色申告には簿記の知識なども必要になってくるので、年間の報酬が100万円以上である、300万円以上稼いだなど、がっつり稼いだ人に向いた申請になります。

節税対策のために青色申告をしたいという方もいると思いますが、100万円ほどの高額な報酬がない場合はただ面倒なものになってしまうので、高額な報酬を得ている方の方が向いています。

一方、白い色の方を使う「白色申告」は、所得を計算する計算書の白い方を使うことでこのように呼ばれていますが、こちらは簡単に確定申告ができる申請書になります。

家計簿レベルに収入額と経費(費用)が分かる程度の帳簿を作ればOKなので、簿記などの特別な知識がなくても申請できます。

38万円以下であれば節税対策も必要ないので、白色申告で申請するのがおすすめです。

出した所得を基に申請書に必要事項を入れる

確定申告書にはAとBがあり、個人事業主はBの申請書を使う必要があります。

AとBでは何が違うのかというと、Aはサラリーマンが簡単に書けるように申請書のBの項目を抜粋して作られた簡易的な申請書で、Aではチャットレディのお仕事のような個人事業主の申請に必要な項目が足りないので、Bの申請書を使うようになっています。
Aの申請書は、給与所得、雑所得、一時所得だけの人が使うものですが、Bの申請書は項目も細かく、Aの申請書の内容を網羅したものなのでサラリーマンやAの申告書でも可能な人がBの申告書を使うこともできます。

Aの申請書を使用する場合には給与所得や雑所得の他にも、

医療費控除を希望する会社員
生命保険、損害保険など保険金を受け取った場合
ふるさと納税を利用した確定申告が必要な会社員

といった例があります。

チャットレディのお仕事をしている方も、こういった医療費控除や保険関係などの申請をしたい場合は白色申告でできるようになっています。

金額が100万円、300万円と報酬が高額な方は青色申告で確定申告をしますが、細かいところの書き方や必要な帳簿の知識についてアドバイスをしてくれる税理士さんに相談して申告をするといいでしょう。

チャットレディのお仕事は個人事業主になるので、青色申告が必要なのでは、と思う方もいると思いますが、青色申告のB様式の確定申告書に白色の所得計算用紙を添付すればOKなので、難しい知識も必要なく安心です。

こういった税金関係のことも初めはあまりよくわからなくて不安な方も多いと思います。

身近に聞ける人や経験者がいると、分からないことを聞いたり、税金のことについても聞きやすいので安心ですよね。

チャットレディーの「GTM」では、チャットレディのお仕事を3年以上行っているスタッフが多数在籍していて、中にはベテランスタッフも在籍しています。

長くお仕事をしている人が近くにいると、手続きに関することも身近な人に聞けるので安心感がありますね。

主婦や学生の方も月収10万円以上稼いでいる方が多いので、税金に関することも相談しやすく、主婦や学生さん、初心者の方にもおすすめです。

GTMでしっかり稼いで、税金に関することも身近な人に相談して、不安な方も安心の環境でお仕事してみませんか?

ベテランスタッフ多数在籍でノウハウも豊富のGTMを見てみる

スマホチャットレディの必要経費による節税

チャットレディのお仕事をしている人にとって、税金や確定申告について調べているうちに気になってくるのが「経費」と「節税」について、という人も多くいると思います。

スマホチャットレディのお仕事では確定申告時に、お仕事をする上でかかった費用を経費として計上できますが、経費はどの程度認められるのか?節税はどうしたらいい?ということについてご紹介していきたいと思います。

スマホチャットレディのお仕事の税金対策「節税」

確定申告の時に税金の対象となるのは、「所得金額」になります。

スマホチャットレディのお仕事で得た給与所得から経費を引いた金額が税金計算の対象となる「所得金額」になるので、所得金額ができるだけ低ければ低いほど「節税」ができるといえます。

この節税のために税金の支払い額を抑える方法についてみていきたいと思います。

スマホチャットレディは運営会社から「外注費」として報酬を得ている

チャットレディの給与体系について少し見ていくと、チャットレディは運営会社から「外注費」として報酬を得ています。

これがサラリーマンが勤めている会社で例えると「給与」として支払われているものになります。

チャットレディの場合は、給与という形ではなく報酬という形で支払いを受けることになりますが、給料の場合はもらった金額で税金計算がされるのに対し、報酬の場合は報酬から経費を引いた「所得」を対象に税金計算が行われます。

例えば、給料の年収が1000万円だと、1000万円が税金計算の対象となります。
所得の場合は「報酬ー経費=所得」という形になるので、例えば報酬が1000万円でかかった経費が100万円だとすると、所得は900万円となり、税金計算の対象は900万円が対象となるということになります。

こうしてみると、なんとなく考えると分かることが「経費」がかかった分だけ所得金額が低くなるので、単純に言うと報酬が1億円でも経費が1億円なら、所得は0円となるので税金が一切かからないという計算になります。

スマホチャットレディのお仕事を副業でする場合は「経費」はどうなる?

チャットレディのお仕事を本業ではなく副業で行うときは、経費を計上することは認められるのでしょうか。

副業の分類で見てみると、副業にも収入の種類が3つあり、「給与所得」「雑所得」「事業所得」の3つに分けられます。

副業でアルバイトをする場合は「給与所得」となります。

この中で「給与所得」は経費を計上することは認められていませんが、「雑所得」「事業所得」の2つは経費を計上することが認められてます。

チャットレディのお仕事はこの3つの中の「雑所得」「事業所得」に分類されるので、経費計上が認められると考えられます。

雑所得と事業所得はどう分けたらいい?

チャットレディのお仕事は「雑所得」と「事業所得」のどちらかに分類されますが、簡単に言うと、事業規模ほどの所得でないおこづかい程度の収入の場合は「雑所得」、ある程度の金額を安定して得ている状態の場合は「事業所得」になります。

例としてネットオークションやフリマで得た収入は基本的には雑所得に分類され、事業所得は、事業として営んだ結果、得られた所得であるため「継続した期間で安定した収入が得られる」、「儲かる可能性がある」、「相当な時間を費やしている」、「職業として認知されている」といったことが判断材料となります。

この「雑所得」にあたるか、「事業所得」にあたるかの明確な判断基準はなく、また税務署に開業届を提出したからといって「事業所得」に分類されるというわけでもないので注意が必要です。

青色申告承認申請書を提出した場合でも同様なので気を付けたいです。

雑所得、事業所得にあたるスマホチャットレディは経費が認められる

このように見ていくと分かる通り、チャットレディのお仕事は「雑所得」「事業所得」のどちらかに分類されるので、経費が認められるということになります。

経費が認められるということは、収入から経費を差し引いた所得金額を提出できるので、節税ができるということになります。

「雑所得」「事業所得」のはっきりとした分類はないとお話ししましたが、チャットレディのお仕事で例として挙げると、専業主婦がお小遣い程度でやる場合は「雑所得」、チャットレディを本業でやる場合は「事業所得」に分けられると考えると分かりやすいと思います。

事業所得の方が節税効果が高い傾向に

雑所得と事業所得で節税効果を比べてみると、事業所得の方が高い傾向があります。

事業所得のメリットを見てみると、別の副業で赤字が出た場合、その赤字分をチャットレディのお仕事の収益から差し引くことができるといったメリットがあります。

また、赤字の3年間の繰り越しもでき、例えば去年赤字100万円で今年の利益が100万円あったとしたら、去年の赤字分100万円を足して所得金額0円にすることができるといったメリットもあります。

事業所得の場合は、事業規模で収入がある場合に適用されることが多いので、赤字分を差し引くことができる、年度を超えて赤字の繰り越しができるといったメリットはとても大きいといえますね。

スマホチャットレディのお仕事で計上する必要経費とは

報酬(収入)から経費を差し引いた所得金額をもとに税金が計算されることをお話ししましたが、では「経費」とは何なのかというと「仕事(=利益を得るため)に関して支払った費用」を指します。

これを「必要経費」と呼び、雑所得、事業所得に関わらず計上することができます。

チャットレディのお仕事では具体的にどんなものを必要経費にしているか見ていきたいと思います。

パソコン周り

パソコン本体をお仕事のために購入した場合は、全額経費として計上することができます。
スマホだけでなくパソコンでもしっかりお仕事がしたいという方にはこういった方も多いかもしれませんね。

スマホ代

スマホ代は経費にできる?と思う方も多いと思いますが、プライベートのスマホとは別にチャットレディ用のスマホを購入した場合は、全額経費に計上することができます。

例:1日30分程度しかスマホを触らない人が、スマホチャットレディのお仕事で1日4時間30分スマホを使った場合は、9割を経費にすることができます。

WEBカメラ代

お仕事のために使う場合は全部経費として計上できます。

ネット回線

チャットレディのお仕事のためにWi-fiなどを繋ぐ場合は全て経費として計上してもいいでしょう。
元々繋いでいた場合でも、チャットレディのお仕事のために使った場合は経費として計上することができます。

例:チャットレディを1日4時間、ネットで動画を1時間、という場合、8割を経費としてもOKということになります。

家賃

チャットレディのお仕事を家でする人もたくさんいますが、家で作業をした場合は家を事務所(作業場所)として扱うことができるので、家賃の5割を経費にしているという例もあります。

飲食費

飲食費のどこまでを経費として計上できるかは難しいところもありますが、例えば、チャットレディでプロフィールを作るためにカフェで作業をしたときのカフェ代は経費となります。

また、同じようにチャットレディのお仕事をしている友達と夜ご飯を一緒に食べた場合は、情報交換の名目で経費とすることができます。

飲食費の経費計上が難しいところはこの辺りで、仕事のための飲食であれば経費となりますが、どこからどこまでを仕事に関係しているか、と切り分けることが難しいこともあり、仕事中の外食費を全て経費計上する経営者も少なくないようです。

服や化粧、ネイル代

仕事に関係するものであれば経費とすることができます。
女性のキレイになることはチャットレディの場合、直接売上に関係するため、チャットレディのためだけに服を買うなら全額経費として計上することができます。

こういった服や化粧、ネイル代を経費として計上する場合は、チャットレディ用にキャラ設定をし、それに見合った服や化粧、ネイルにお金を出せば経費にしやすいです。

また、普段着る服をチャットレディのお仕事に使用する場合はそれも経費にすることができます。
プライベートとチャットレディでの使用頻度を判別することは難しいので、この場合は少し多めに経費にできることもあります。

また、服や化粧、ネイル代だけでなく、美容室やヘアサロン代も同様に経費とすることができます。
チャットレディのお仕事は容姿を武器にする面も多く、こういった服や化粧品、サロン代を経費とすることができるのはお得ですね。

通話のみ、メールのみの場合は?

服や化粧品、ヘアサロン代は通話のみ、メールのみのチャットレディのお仕事ではどうなるの?と思う方も多いと思いますが、通話のみ、メールのみのチャットレディのお仕事でもプロフィール用やタイムラインなどのために身なりを整えることも多いので、税務調査が入った場合も経費として説明することができると考えられます。

資産と経費の違いについて

パソコンやスマホなど、10万円以上のものを購入すると経費ではなく「資産」扱いにしなければならないという「資産」と「経費」の違いがあります。

資産として計上すると、「減価償却」という処理を行わないといけないため、実際にかかった金額よりも経費として計上できる金額が少なくなってしまうというデメリットがあります。

そのため、10万円以上のものを経費として計上しようとしても全額経費扱いにはならず、実際にその年に必要とした分しか経費として認められないため、実際にかかった費用よりも大きな損をしてしまうことになります。

そのため、10万円以上のものを購入するときは、個人事業主でも注意して検討したいところといえますね。

スマホチャットレディの経費計上に必要な「領収書」

雑所得、事業所得に関わらず、仕事に必要なものは経費として計上できる、ということを見てきましたが、経費とするには「領収書」が必要になります。

「レシートでも領収書として使える?」と思う方もいると思いますが、必要事項が記載されている場合はレシートも領収書として代替できることが認められています。

では、必要な項目とはどういったものでしょうか。
必要な項目については、こういったものが挙げられます。

1.店名やレジ担当者の名前(発行した人)
2.年月日
3.内容
4.金額

以前は「金額」「日付」のみでOKだったけど今は無効になることも

以前、レシートには金額と年月日の日付しか書いていないことが当たり前でしたが、今は先ほどご紹介した4項目が記入されているものがほとんどになっています。

こういったこともあり、「領収書」という形でなくても今は「レシートでもOK」と言うことになっているようです。

しかし、古いお店や店舗のレジでは以前と同様に金額と年月日しか書いていないこともあるので、こういった場合は領収書をきちんともらっておくようにしましょう。

特に5万円以上のものは金額が大きく経費として認められないと大きな出費となってしまうので、きちんと領収書をもらっておくことがポイントです。
5万円以上の場合は、領収書に印紙を貼ってもらえるので確実に経費として認められるので、気を付けたいポイントです。

レシート、領収書がない場合は「出金伝票」を発行する

レシートや領収書を紛失したり、100円程度の少額の出費の場合はレシートや領収書が出ない場合もあります。

そういったときは、「出金伝票」を作っておくようにしましょう。

しかし、出金伝票のみの場合レシートや領収書に比べると税務調査が入った場合、証憑性が低くなることもあるので、できればレシートや領収書があればきちんととっておきましょう。

領収書でチェックしたい場所はここ!

領収書をもらったら経費として計上できるためにチェックしておきたい項目があります。
必要な項目をきちんと確認して「経費計上できない!」ということのないように備えましょう。

チェックしたい項目は、以下の項目です。

領収書の発行日(年月日、日付)
宛名
金額の記載
但し書き
発行者
収入印紙

但し書きは商品やサービスが分かるように「具体的に」

但し書きは「〇〇代として」というように、どんな商品を購入し、どんなサービスに対して金銭を支払ったかを示すために必要なものです。

気を付けたいのは「商品代として」「品代として」といった曖昧ではっきり分からない表記では具体的な商品名、サービス名がわからないので、経費として認められないこともあります。

但し書きは「食事代」「書籍代」というように、誰が見ても分かるようにしておくことが大切です。

5万円以上100万円以下の領収書には200円の収入印紙が必要

領収書を発行してもらう場合、5万円以上100万円以下の金額の領収書を発行してもらうときは、200円の収入印紙を貼ってもらう必要があります。

課税関係の書類を発行するときにかかる「印紙税」は、金額が5万円以下の領収書発行の場合は非課税となるため5万円以下の場合は収入印紙は必要ありませんが、5万円以上100万円以下の場合は印紙税が発生するので、収入印紙を貼る必要があります。

5万円以上の場合は高額な出費になるので、経費として認められるように収入印紙が貼ってあるかどうかもきちんと確認しておきましょう。

スマホチャットレディのお仕事では、サラリーマンのように給与から必要な税金が引かれるのではなく、自分で税金についても調べる必要があるので、税金関係が大変・・・と思う方も多いと思います。

雑所得、事業所得に関わらず経費として計上できるものはきちんと取っておいて、確定申告のときに経費として申請できれば大きな節税対策になります。

「どこまでが経費として計上できるか」「これはどうなの?」と思うことがあるときは、税金関係に詳しい税理士さんに相談してみるのも1つの方法です。

はっきりしない出費や曖昧なものについては税務調査が入ることもあるので、そういったときに困らないためにも、税理士さんや専門家に直接確認しておくことも1つの手段といえますね。