スマホチャット レディの税金について、副業でお仕事をする場合

チャットレディのお仕事を副業として行っている方にとって気になるのが「本業の会社に通知されてしまうんじゃないか」ということだと思います。
副業が本業に通知されてしまうパターンには2つあります。

副業の金額が20万円以下の人が通知されるパターン

会社の給料から引かれる住民税の請求額が、同等の給与の他の社員より多い住民税の請求を会社に送られてしまう

※副業の金額とは「収入(チャットレディの報酬)-経費(パソコンやWEBカメラなど仕事に必要なもの)=金額(所得)」となります。

関連記事:副業スマホチャット レディの税金対策

副業の金額が20万円以上の人が通知されるパターン

「特別徴収税額の通知書」の「その他の所得」の欄に副業の所得金額やチェックが書いてある

給与所得の金額が同じ給与の社員より多い数字が書いてある

副業の収入に関することがこの会社に送られてくる通知書にまざって請求されてしまう

マイナンバー制度で通知されることはない

マイナンバー制度が導入されたことで「副業が本業の会社に通知されるんじゃないか」と心配な方も多いと思いますが、その心配はないといえます。

マイナンバー制度は年末調整などの税金を収める金額を国が把握することを目的に、マイナンバー制度が始まったので、「会社に副業が通知される」という心配はないんですね。

副業が本業に通知されないためにはどうすればいい?

20万円以下で副業を会社に通知されないようにするためには、まず所得が20万円以下であれば確定申告をする必要がないので、所得に気を付けることが大切です。

しかし、副収入がある場合で確定申告をしない場合は、住民税の申請が必要なので注意しましょう。

21万円以上で副業を会社に通知されないようにするためには、確定申告をすれば副業が会社に通知されないといえます。

確定申告の際に「住民税の徴収方法」というところを、「自分で納付(普通徴収)」を選択します。

こうすることで、副収入が給与所得以外であれば本業の会社に住民税の通知が行くことは原則なく、この場合は住民税の申請は不要となります。

関連記事:スマホチャットレディの確定申告のやり方

本業のお仕事をしている方や、主婦や学生の方にとって、本業に通知されたくない、家族に通知されてほしくない、と思う方、「他の人はどうしているの?」と思う方も多いと思います。

チャットレディの「GTM」では、先ほどお話ししたように「家族に通知されたくない」「チャットレディのお仕事ということを内緒にしたい」という方のためにプロのスタッフのサポートが24時間できるので、安心してお仕事ができる体制を整えています。

チャットレディのお仕事歴の長いベテランスタッフも在籍しているので、分からないことや不安なことを気軽に相談できるサポート体制もバッチリです。

GTMには主婦や学生さんも多数在籍しているので、他の方も同じことで悩んでいたり不安になっていることを、経験談をもとに情報を共有できるところも魅力です。

中には月数百万円を稼いでランキング入りしたカリスマベテランスタッフも♪
そんなベテランスタッフのサポート体制と主婦や学生が多数在籍しているGTMなら安心してお仕事ができます。

安心のサポート体制でしっかり稼げるGTMでお仕事をしてみませんか?

アリバイ対策バッチリ安心のサポート体制のGTMを見てみる