スマホチャット レディの税金について、副業でお仕事をする場合

チャットレディのお仕事を副業として行っている方にとって気になるのが「本業の会社に通知されてしまうんじゃないか」ということだと思います。
副業が本業に通知されてしまうパターンには2つあります。

副業の金額が20万円以下の人が通知されるパターン

会社の給料から引かれる住民税の請求額が、同等の給与の他の社員より多い住民税の請求を会社に送られてしまう

※副業の金額とは「収入(チャットレディの報酬)-経費(パソコンやWEBカメラなど仕事に必要なもの)=金額(所得)」となります。

副業の金額が20万円以上の人が通知されるパターン

「特別徴収税額の通知書」の「その他の所得」の欄に副業の所得金額やチェックが書いてある

給与所得の金額が同じ給与の社員より多い数字が書いてある

副業の収入に関することがこの会社に送られてくる通知書にまざって請求されてしまう

マイナンバー制度で通知されることはない

マイナンバー制度が導入されたことで「副業が本業の会社に通知されるんじゃないか」と心配な方も多いと思いますが、その心配はないといえます。

マイナンバー制度は年末調整などの税金を収める金額を国が把握することを目的に、マイナンバー制度が始まったので、「会社に副業が通知される」という心配はないんですね。

副業が本業に通知されないためにはどうすればいい?

20万円以下で副業を会社に通知されないようにするためには、まず所得が20万円以下であれば確定申告をする必要がないので、所得に気を付けることが大切です。

しかし、副収入がある場合で確定申告をしない場合は、住民税の申請が必要なので注意しましょう。

21万円以上で副業を会社に通知されないようにするためには、確定申告をすれば副業が会社に通知されないといえます。

確定申告の際に「住民税の徴収方法」というところを、「自分で納付(普通徴収)」を選択します。

実はこれだけで本業の会社に副業で収入があることがバレなくなります。

こうすることで、副収入が給与所得以外であれば本業の会社に住民税の通知が行くことは原則なく、この場合は住民税の申請は不要となります。

確定申告を行い、住民税の徴収方法を自分で納付するだけで、バレることはなくなりますよ♪

節税

副業チャットレディは私生活で使ういろいろなものを経費として使えるのが人気の理由の一つです。

副業をする場合、アルバイトの場合は「給与所得」になるので経費は認められていませんが、「雑所得」「事業所得」の2つは経費を計上することが認められてます。

チャットレディの場合、この「雑所得」「事業所得」のどちらかに分類されるお仕事になるので、必要なものの経費計上が認められています。

私生活のほとんどが経費になる

税務上「経費」として処理されるものは、「仕事(=利益を得るため)に関して支払った費用」を指します。

これはいわゆる「必要経費」と呼ばれるものです。

チャットレディで「経費」として認められるものにはこういったものがあります。

パソコン周り

パソコン本体をお仕事のために購入した場合は、全額経費として計上することができます。

スマホだけでなくパソコンでもしっかりお仕事がしたいという方にはこういった方も多いかもしれませんね。

  • WEBカメラ代
    お仕事のために新たに購入した場合は全部経費として計上できます。
  • ネット回線
    チャットレディのお仕事のためにWi-fiなどを繋ぐ場合はネット回線費を全て経費として計上してもいいでしょう。
    元々ネット回線を繋いでいた場合でも、チャットレディのお仕事のために使った分は経費として計上することができます。
    例えば・・・
    チャットレディを1日4時間、ネットで動画を1時間、という場合、8割を経費としてもOKということになります。

チャットレディサイト「ポケットワーク」では、チャットレディのお仕事で経費として計上できるものについてWebコンテンツで詳しく紹介しています。

チャットレディの経費面について気になる方は一度チェックしてみましょう。

「役立つ話」で確定申告の経費計上について解説も♪安心のポケットワーク

スマホ代

スマホ代は経費にできる?と思う方も多いと思いますが、プライベートのスマホとは別にチャットレディ用のスマホを購入した場合は、全額経費に計上することができます。

また、スマホをチャットレディで使う割合で経費を計上することもできます。

例:1日30分程度しかスマホを触らない人が、スマホチャットレディのお仕事で1日4時間30分スマホを使った場合は、9割を経費にすることができる、ということになります。

格安スマホを新たに購入して2台持ちする

LINEモバイルなどでは、最低月500円でスマホを持つことができるので、こういった格安スマホをプライベートで使用し、チャットレディのお仕事で使用するスマホを月額1万円のパケット代定額の通信制限なしのスマホを契約することで、お仕事で使う方のパケット代は10割を経費として落とすことができるということになります。

もちろん、お仕事で使っている方をプライベートで多少使用しても税務調査で追求されることはほとんどないので、こういった方法も賢くスマホを使う方法ですね。

スマホのパケット代は?

お仕事に使うスマホ代を経費で落とせますが、パケット代も経費で落とすことができます。

パケット代の計算方法については、スマホ代と同様で時間計算で算出します。

例えば、スマホを使った普段のやり取りが10分程度でチャットレディのお仕事が1日90分程度使用するのであれば、月1万円のパケット代のうち9000円を経費にすることができます。

これはスマホのパケット代だけでなく、ネット回線を使ってお仕事をしている場合は、ネット回線も同様に経費計上できます。

あくまで、チャットレディのお仕事に使った分を経費として扱うことができるので、1カ月のパケット代のうちお仕事でどのくらい使ったか?を割り出してその分は経費として落とすことができます。

家賃

チャットレディのお仕事を家でする人もたくさんいますが、家で作業をした場合は家を事務所(作業場所)として扱うことができるので、家賃を按分して経費にすることも可能です。

(按分:お仕事として使った分だけを経費として計上すること。)

スマホチャットレディは電気代も経費で落とせる

在宅でお仕事をする場合、自宅でお仕事をしている間の電気代も経費で落とすことができます。

事業用途で認められるものは全て経費で落とせるので、お仕事をしている間の電気代も経費として扱うことができるんですね。

チャットレディのお仕事では、

  • スマホの充電
  • Wi-Fi機器の電気
  • パソコンの電気

など電気を使うお仕事なので、税務署の人にも説明がしやすく経費として扱うことができるというわけです。

飲食費

例えば、チャットレディでプロフィールを作るためにカフェで作業をしたときのカフェ代は経費となります。

1人で食事をした場合、食事代まで経費として扱うのは難しいですが、コーヒーやドリンク代程度なら経費として計上しても問題ないようです。

一方、同じようにチャットレディのお仕事をしている友達と夜ご飯を一緒に食べた場合は、情報交換の名目で経費とすることができます。

服や化粧(メイク)、ネイル代

服やメイク、ネイル代など、仕事に関係するものであれば経費とすることができます。

チャットレディの仕事柄、女性のキレイになることは直接売上に関係するため、チャットレディのために服を購入した場合は全額経費として計上することができます。

こういった服やメイク、ネイル代を経費として計上する場合は、チャットレディ用にキャラ設定をし、それに見合った服やメイク、ネイルにお金を出せば経費にしやすいです。

美容室、ヘアサロン代

美容室やヘアサロン代もチャットレディのお仕事に繋がる費用のため経費とすることができます。

チャットレディのお仕事は容姿を武器にする面も多く、こういったメイク、ヘアサロン代を経費とすることができるのはとてもお得ですね。

リスクについても理解しておこう

電気代もチャットレディで使う分は経費として計上できますが、ここで気を付けたいのは「全てを経費にできるわけではない」ということです。

経費は実質、税務署の人のさじ加減になる部分が大きいため、きちんと理由が説明できて実質お仕事のために使っている場合でも経費を認められないときもあります。

そんなリスクもあるので、もし経費にできなかったとしても生活に困らないように備えておくことも大切です。

チャットレディサイト「ポケットワーク」では、こういったチャットレディのお仕事の経費についてWebコンテンツで詳しく紹介しています。

大手チャットレディサイトで実績、ノウハウも豊富なサイトなので経費について分からないことも気軽に相談できますよ。

「役立つ話」で確定申告の経費計上について解説も♪安心のポケットワーク

スマホチャットレディのお仕事の税金対策「節税」

チャットレディのお仕事で得た給与所得から経費を引いた金額が税金計算の対象となる「所得金額」になるので、所得金額ができるだけ低ければ低いほど「節税」になるといえます。

節税のために税金の支払い額を抑える方法についてみていきたいと思います。

チャットレディは運営会社から「外注費」として報酬を得ている

チャットレディの給与体系は、運営会社から「外注費」として報酬を得ることになります。

これがサラリーマンが勤めている会社で例えると「給与」として支払われているものになります。

チャットレディの場合は、給与という形ではなく「報酬」という形で支払いを受けることになるので、「給料」の場合はもらった金額で税金計算がされるのに対し、「報酬」の場合は報酬から経費を引いた所得」が税金計算の対象になります。

例えば・・・

サラリーマンで給料の年収が1000万円だと、1000万円が税金計算の対象となります。

一方、チャットレディのような所得で税金が計算される場合は「報酬ー経費=所得」という形になるので、例えば報酬が1000万円でかかった経費が100万円だとすると、所得は900万円となり、税金計算の対象は900万円が対象になります。

こうしてみると、「経費」がかかった分だけ所得金額が低くなるということですね。

チャットレディサイト「ポケットワーク」では、チャットレディのお仕事がなぜ確定申告が必要なのか?についても詳しく解説されています。

「役立つ話」で確定申告について詳しく解説!安心のポケットワーク

経費計上できた分だけ所得金額が抑えられる=節税になる

このようにチャットレディのお仕事では、サラリーマンの「給与所得」ではなく「所得金額」から税金計算が行われるので、収入-経費=所得金額の「経費」の部分が多く計上できればその分節税になるというわけです。

副業でチャットレディの収入が25万円あったとしても、メイク代やヘアサロン代、ネイル代、衣装代などで5万円の経費が認められれば所得金額は20万円以下になるというわけですね。

経費計上のリスクに気を付けよう!

経費計上できた分節税になるのはその通りですが、確定申告で経費計上してもそれが認められない場合もあることを認識しておきましょう。

先ほど、生活の中のほとんどのものが経費になることをお話ししましたが、経費計上できるなら・・・とあれもこれも経費計上してしまうと、税務署からチェックが入り、結果経費として認められなかった、ということもあります。

節税はあくまで「賢く」税金対策をすることが大切です。

税務署からチェックが入ってもきちんと説明ができるか、お仕事に直結するものかに注意して経費計上をする、所得金額を抑えて「賢い税金対策」をしていきましょう。

税金面でも分からないことを相談できるサイトを選ぼう!

副業でチャットレディのお仕事を考えている方には「確定申告」「経費のこと」など、税金に関することもいろいろ質問できるサイトが良いと思う方も多いと思います。

ポケットワークでは、そういった確定申告や経費面に関することもサイトコンテンツによる解説やスタッフによる相談もできるので、安心してお仕事を始められます。

チャットレディのお仕事の節税、経費面について分からないことはぜひ一度確認してみてはいかがでしょうか。

安心の24時間サポートで税金面の相談もできるポケットワーク