スマホチャットレディのお仕事を扶養の範囲内でする税金の知識

チャットレディのお仕事をするときに扶養の範囲内でしたいという方は多いと思います。

ですが、お仕事をして年間所得が年間20万円を超える場合は確定申告が必要になります。

個人事業主でいう所得というのは、

収入(チャットレディの報酬)-経費(パソコンやWEBカメラなど仕事に必要なもの)=所得

となります。

関連記事:スマホチャットレディの節税に強い経費のはなし

この所得が20万円を超えてしまう場合は確定申告が必要になるんですね。

チャットレディのお仕事をする人には、お仕事を扶養の範囲内でしたいという他に、「いくらまでなら通知されないか」ということが気になる方も多いと思います。

扶養の範囲を超えてしまうと夫に副業していることが通知されてしまう、家族に通知されてしまうと困る、という方は扶養の範囲内でどのくらいまでなら大丈夫なのかが気になるところです。

お仕事をした場合、稼いだ所得によって税金の通知が異なるので、通知が届くのは一切ない方がいいか、郵送で通知が来ても大丈夫かによって稼いでもいい金額が変わってくるのでぜひ知っておきたいところです。

まず、税金には「所得税」と「住民税」があり、年間所得によって所得税がかかるか、所得税と住民税の両方がかかるかが変わってきます。

所得税は、年間38万円以下の所得の場合はかかりません。

住民税は地域によって異なりますが、最低で年間28万円から、おおよそのめやすで年間35万円の所得では住民税がかからない、といった基準があります。

この基準は地域によって異なるので確認しておくことが必要です。

そのことを踏まえて考えてみると、所得税、住民税の通知が一切来ない方が良い場合、所得税の通知は来ても大丈夫、所得税と住民税の両方の通知が来ても大丈夫、というパターンがあります。

所得税や住民税の通知が一切来ない方が良いという方は年間所得20万円に抑えて確定申告も税金の通知も不要な範囲内で

確定申告はしても大丈夫、所得税の通知だけなら問題ないという場合は、21万円~28万円の範囲内で

確定申告をして所得税、住民税の両方の通知が来ても大丈夫という場合は38万円以内の範囲内で

確定申告をしているところを見られず、所得税、住民税の支払いを隠してお仕事ができる場合は、38万円以内でお仕事をするといいということになります。

同じ扶養の範囲内でも、確定申告が必要か、所得税、住民税の支払いが発生するかによって稼ぐ金額が変わってくるんですね。

関連記事:スマホチャットレディの確定申告のやり方

学生や主婦の場合は、扶養から外れると税金の支払い以外にも健康保険や年金も自分で払うようになるので、負担がとても大きくなります。

ですが、チャットレディのお仕事でしっかり稼ぎたい!という方には、「所得税、住民税の支払いがあっても家族にチャットレディのお仕事ということが通知されなければいい」という方もいます。

扶養範囲内でスマホチャットレディのお仕事をしたいなら収入を年間38万円以内に抑える

先ほどは通知の有無について話ましたが、ここでは夫や父親の会社関係を理由に扶養から外れたくない場合について説明します。

給与所得者の103万円の壁というのは、扶養控除の範囲から外れるか外れないかの基準となる金額ということはよく知られていますが、その内訳は、「基礎控除」「給与所得控除」の2種類があります。

基礎控除38万円、給与所得控除65万円を合わせて103万円の控除額として計上されるので、個人事業主であるチャットレディのお仕事の場合は、基礎控除の部分だけが適用されます。

開業届を出して経費計上をして年間何十万円稼いでも、確定申告で申請する経費を除いた金額が38万円以内に収まれば扶養から外れないということになります。

スマホチャットレディは自分に合った範囲内でお仕事をしよう

こういったことを考慮すると、扶養内20万円以下であれば、確定申告や税金を収める義務がないので、所得が20万円を超えないのであれば、そもそも確定申告も税金を支払う義務がないので通知されることはなく安心です。

お小遣い稼ぎでお仕事をしたい主婦の方にはこの方法が一番安全といえます。

また、親の扶養に入っていて、チャットレディのお仕事が通知されたら困る、という方も確定申告、税金の支払いが発生しない方法が安全ですね。

もし、確定申告をするところを見られない自信がある人なら、28万円を超えない範囲の所得なら、確定申告をしているところさえ分からなければ、税金は1円も支払う義務はないので通知されることはないと考えられます。

関連記事:初めてのスマホチャットレディなのに稼げちゃうワケ