稼げるおすすめのチャットレディ

初めてだから稼げるチャットレディのサイトが分からない。。。

そもそもどのくらいの時給がもらえるの?

チャットレディに登録するときに時給の相場を知らない人は損をします。

時給2000円でも高時給だと思って騙されてしまう人がたくさんいました。

しかし、チャットレディは時給4000円以上もらえるお仕事なんです!

100サイト以上の中からスマホで稼げるサイトを時給の高い順にご紹介します♪

業界No1の最大時給 ガールズチャット

 

2位 VI-VO

 

3位 マシェリ

 

業界No1:ガールズチャット

 

ガールズチャットは業界でイチバン高い時給7200円

スマホチャットレディで稼げるサイトはたくさんあります。

しかし、時給のバラツキが大きいのもチャットレディ業界の特徴です。

ガールズチャットは最大時給7200円。

スマホで稼げるサイトを100以上調べましたが、時給7200円がイチバン高い時給でした。

最大時給7200円!高時給のガールズチャットをチェックしてみる

メールだけでも月15万以上も稼ぐ子がたくさん♪

チャットレディというとテレビ電話でしか稼げないと勘違いしている子が多いのですが。。。

でも、ガールズチャットはメールだけでも稼げるんです!

例えば、動画つきのメールなら1通50円♪

30秒の動画を取ったら、20人の会員さんに一斉送信するだけで1000円。

朝・昼・夜の1日3回やれば、それだけで月10万円なんですよ♪

普通のメールも1通35円の報酬なので、月収20万円を超える子が多いのも納得です。

メールといってもLINE形式なのが嬉しいですね♪

メールだけでも稼げる!ガールズチャットをチェックしてみる

顔出しNGの女子がたくさん、だから安心♪

ガールズチャットは顔出しNGの女性がたくさんいることです。

だから、顔出しNGでも稼げない心配もないんですよ♪

女性支持率No1の理由は顔出しやアダルトが強制されないところにあるんです。

もちろん、変な男性会員がいても大手の運営会社なので安心です!

自分のペースで自分の好きに稼ぐことができるのがガールズチャットの人気の理由なんですよ♪

安心・安全で稼げるのが人気♪ガールズチャットをチェックしてみる

 

スマホで稼げるチャットレディの評判

「事情があってお金が必要。でも夜の仕事は怖い。。。」

「スキマ時間に稼げる方法ってないの!?」

時給で稼ぐためには何時間かまとまって時間を取る必要がありました。

また、効率良く稼げる夜の仕事はストーカーなどのトラブルが絶えませんでした。

しかし、スマホチャットレディならスキマ時間で安全に稼げるんですよ!

スマホチャットレディは時給が高い、10分でも稼げる、コンビニ店員より安全、という評判です♪

チャットレディは時給3500円

キャバ嬢の平均時給は3000円。

チャットレディの平均時給は3500円。

キャバクラよりもスマホチャットレディのほうが時給が高いんですね。。。

1時間の利用料がキャバクラは5000円に対して、チャットレディは1万5000円もするんです。

おしゃべりする同じお仕事なら時給の高いお仕事がしたいですよね!

最大時給7200円!高時給のガールズチャットをチェックしてみる

10分のスキマ時間でも稼げる

時給で稼ぐには最低でも3時間くらいまとまって働けないとシフトにすら入れてもらえませんでした。

しかし、スマホチャットレディなら1分単位で報酬が発生するんですよ!

元々チャットレディは高時給なので、10分のスキマ時間でも十分稼げます♪

ちょっとしたスキマ時間がお小遣いタイムになりますね!

報酬が即日!ガールズチャットをチェックしてみる

コンビニのバイトより安全

効率よく稼げる夜のお仕事はトラブルが絶えませんでした。

仕事終わりの出待ち、ストーカーで家を特定、昼のお仕事の職場がバレる。

これらは全て、お客さんと直接会って接客していることが原因なんですね。

しかし、スマホチャットレディは画面越しなので安全なんです!

チャットレディで長く働く理由は安全で安心できるからという人もたくさんいます。

お客さんと直接合わないので、コンビニの店員よりも安全なんですよね。。。

顔出し・ノンアダルトが選べる!ガールズチャットをチェックしてみる

 

スマホチャットレディの仕事内容

「チャットレディって何するの?」

「アダルトの話は苦手だけど大丈夫?」

しかし、チャットレディは自分の好きなスタイルで稼げるんですよ♪

顔出しをしないで稼ぐ方法やエッチな話題をしなくても稼げるところが魅力的なんです!

具体的にはメールや電話だけ、アダルト・ノンアダルトのジャンル選択もできるんです。

チャットレディはメールのみや電話のみでも稼げる

チャットレディはカメラ機能を使って顔を出しながら稼ぐ人がたくさんいます。

でも、顔を出さない電話のみのチャットレディもあります。

メールのやりとりだけや、SNS機能を使った稼ぎ方もあるんですよ♪

電話は顔出しと同じく1分いくらという報酬で稼ぐことが出来ます。

メールの場合は受信や送信でそれぞれいくらという報酬体系です。

SNS機能を使えば、自分の日記をお客さんが見てくれるだけでお小遣いが入るんですよ。

昼間のお仕事の通勤時間や家事の合間でも稼ぐことができてしまうのは魅力的ですよね。

関連記事:メールレディがスマホチャットレディと違うところ[内容・お金・安全性]

チャットレディは話す内容も決められる

チャットレディと聞くと「エッチは話もしなきゃダメ?」と心配になる人もいますが、安心してください。

チャットレディはアダルトとノンアダルトの両方で稼ぐことが出来ます。

サイトによってはノンアダルト専用のサイトもあるんですよ。

ノンアダルトでも他のパートなどと比べると数倍のお金がかせげます♪

アダルトの魅力はなんといっても報酬の高さです。

2ショットで話すと時給が7500円ももらえることがあります。

どちらを選んでも他のお仕事よりも効率よく稼げることは間違いありませんね。

チャットレディの仕事内容については関連記事にもう少し詳しく書いています。

興味のある方は関連記事も一緒に見てみてくださいね。

関連記事:チャットレディの仕事内容はいつでも簡単にできる 

関連記事:チャットレディを始めるのに必要なもの【パソコン・スマホ・ネット】

 

スマホチャットレディの税金

チャットレディのお仕事をする上で気になるのが「税金がいくらかかるか」「税金はどうなるの?」ということが気になる方も多いと思います。

チャットレディでお仕事をした場合、在宅、通勤のどちらにも関わらず給料の金額によっては確定申告で税金を支払わないといけない場合があります。

スマホチャットレディのお仕事をして税金が発生すると通知されるリスクも

チャットレディのお仕事をしている人、またはこれから始める人で注意したいことに「税金の支払い」があります。

税金はお仕事をしている人全てに支払い義務があるわけではありませんが、支払い義務のある人が税金を納めずに隠し通すことは不可能なので、支払い義務のある人は必ず確定申告をして税金を支払う必要があります。

確定申告をして税金を支払うようになると、税金の通知が発生し、人にとってはちょっと都合の悪い事態になります。

確定申告で税金を支払う場合、そこで世帯の主な所得者にお仕事をしていることが通知されてしまうケースもあるのです。

そういったこともあり、通知されたくない場合は税金の支払い義務を発生させたくないという人もいます。

では、どうすれば良いか、それはこれからご紹介する額に収入を抑えるようにすると、税金の支払い義務が発生しない範囲内に抑えてお仕事をすることができます。

詳しいお話はこちらの記事でご紹介しております。

関連記事:スマホチャットレディを扶養の範囲内で稼ぐための税金の知識

関連記事:副業スマホチャットレディの税金対策

スマホチャットレディのお仕事は「個人事業主」になる

チャットレディのお仕事は在宅で、通勤でのどちらの場合でも「個人事業主」になるので、よく言われる「130万円や103万円の壁」というのは個人事業主ではなく、パートやアルバイト、正社員といった「給与所得者」に当てはまるものなので混同しないように注意が必要です。

個人事業主は「開業届」を管轄の税務署に提出する必要がありますが、チャットレディのお仕事をする人が全て提出する必要があるわけではなく、毎月お小遣い程度の収入であれば開業届の必要はありません。

しかし、毎月コンスタントに何十万円、100万円以上の収入が発生する場合は個人事業主として「開業届」を管轄の税務署へ行う必要があります。

税金を支払ってしっかり稼ぐという選択肢もある

がっつりとお仕事をすることで、確定申告で税金の支払いが必要になるかといったことに注意したいところですが、チャットレディのお仕事は頑張り次第で月々100万円以上稼ぐこともできるお仕事です。

毎月しっかり稼ぎたい!という方は、きちんと税金を支払って毎月しっかり稼ぐという選択肢もあります。
チャットレディはこれくらい稼げるお仕事なんですね。

もし税金を支払って毎月しっかり稼ぎたい!という場合は、個人事業主としての届け出や節税対策も必要になるので、知識が豊富な税理士さんに相談するのがベストです。

しっかり稼ぎたい場合は、きっちり稼いできちんと納税することが大切なポイントです。

スマホチャットレディの確定申告

チャットレディは所得が20万円を超えなければ、確定申告をする義務がありません。

ただ、確定申告には節税効果もあるので、ある程度稼ぐのであればしっかりとしましょう。

義務があるのに確定申告をしない場合は必ず罰が下ります。

確定申告はチャットレディであることを明かす必要はないので、心配は不要です。

詳しい確定申告や詳しい税金のことは関連記事に詳しく書いてあるのが見てみてくださいね。

関連記事:スマホチャットレディの確定申告のやり方

スマホチャットレディの経費

スマホチャットレディは個人事業主なので、経費で節税をすることができます。

例えば、パケット代やスマホ代、カフェ代は経費にすることができます。

税金は収入から経費を引いたものから計算するので、経費は節税に必要な知識なんですよ♪

もちろん、本来経費でないものを経費にしてしまったら不正になってしまうので注意です。

関連記事:スマホチャットレディの節税に強い経費のはなし

スマホチャットレディの危険性

「チャットレディって危険なの??」

「チャットレディをやってることは知られたくないな。。。」

しかし、スマホチャットレディはお客さんと直接会わないので、安全でバレません。

チャットレディが長く稼げる人気のお仕事の理由は安全だというところなんですよ♪

スマホチャットレディは安全で危険はない

夜のお仕事のキャバ嬢や風俗のお仕事はトラブルが尽きませんでした。

退勤と出待ちされる、ストーカーされるなどの被害は直接合うことが問題です。

しかし、スマホチャットレディは画面越しなんで安全なんですよ。

事実、スマホチャットレディで大きな事件はネットで調べても出てきません。

コンビニの店員よりも安全と言われているの理由が分かりますね♪

スマホチャットレディは夜のお仕事と違ってバレない

しっかりとお仕事をしている分、チャットレディでお金をもらっていることは誇って良いことです。

しかし、それが分からないレベルの低い人も残念ながらいるのも事実です。

そういっためんどくさい人に巻き込まれたくないですよね。。。

キャバ嬢などの店舗でお仕事をする場合は、お店に入る所などを見られてバレてしまいます。

スマホチャットレディは自宅でお仕事できるので絶対にばれないので安心ですね。

どれだけスマホチャットレディが安全かは関連記事に詳しく書いているので見てみてくださいね。

関連記事:スマホチャットレディは危険性がない安全でバレないお仕事

 

スマホチャットレディの実際の体験談と口コミ

スマホチャットレディはいろいろな人が稼いでいます。

専業主婦や大学・専門学生、妊娠中の人やはじめての人。

彼氏のいたことのない喪女でも稼いでいる人はたくさんいます。

それぞれの悩みや口コミなどを関連記事に集めています。

詳しくは関連記事を見てみてくださいね。

関連記事:スマホのチャットレディで実際に稼げる?口コミと体験談を集めました

 

スマホチャットレディで使えるテクニック

スマホチャットレディでは常連を増やすためのワザがいろいろ存在します。

例えば、「チャットレディ始めてみたけど、男性会員が来てくれない。。。」なんて悩んでいる人。

知っているだけ人気になれる方法はたくさんあります。

例えば、スマホチャットレディにくる男性会員は自信がない人が多い傾向あります。

「私が癒やしてあげたい♪」といった意思表示だと逆に男性会員は萎縮してしまう可能性があります。

それよりも「あまり慣れてません。。。教えていただけませんか?」といった姿勢のほうがウケが良いんですよ。

スマホチャットレディは徹底的に男性が優位に立てて、「俺なんかでも大丈夫かも」と思わせるようにすればすぐ稼げますよ。

関連記事:[プロフィールなど]スマホチャットレディで常連(リピーター)が増えるテクニック・ノウハウ集


 

その他おすすめのスマホチャットレディ

スマホチャットレディはいろいろなサイトで稼ぐことができます。

当サイトで紹介した3サイト以外にもあなたにピッタリのスマホチャットレディがあるかもしれません。

年齢や通勤、手当やサポートなど、いろいろな基準で自分にあったスマホチャットレディを見つけましょう

10サイト以上のいろいろな特徴のスマホチャットレディのサイトをご紹介しますよ

関連記事:スマホチャットレディのおすすめランキング

スマホチャットレディのお金に関するQ&A [マイナンバーなど]

チャットレディのお仕事を始めるとき、報酬の振込先にネットバンクを指定できるところが多数あります。

ネットバンクって何?便利なの?と疑問に思う人もたくさんいると思います。

また、チャットレディをする上で、お金に関することについて他にも分からないことがいろいろ出てきます。

「ネットバンクって?」「マイナンバーはなぜ必要なの?」「母子手当はどうなる?」「雇用保険はもらえる?」など、お金に関するよくある疑問についてご紹介していきます。

チャットレディはネットバンクに口座を作るべき?

チャットレディのサイトでは、報酬の支払い方法にネットバンクを選べるところが多くあります。

チャットレディをするならネットバンクを作ったほうがいい?と迷う人も多いと思いますが、ネットバンクを作った方がメリットが多いので、チャットレディサイトで扱っているネットバンクを見て選ぶといいでしょう。

メリットにはどんなことがあるかというと、チャットレディは1分から報酬が発生するので、当日働いて、当日報酬をもらって遊びに行くことができる、といったメリットがあります。

ネットバンクだと当日の支払いにすぐ対応してもらえるのに対して、銀行口座だと当日の振り込みには午後2時、3時までにといった制約があるため、翌日振込になることもあります。

手数料にも大きな違いがあり、銀行の場合は1回につき2~300円ほどかかるのに対して、ネットバンクの場合は無料で取り扱っているところが多数あり、ネットバンクの方が便利に使えるというメリットがあります。

どんなことができる?

ネットバンクはあまり使ったことがない、という人も多いと思います。
ネットバンクに口座を作っておくとどんなことができるか、見てみましょう。

(チャットレディの運営会社と同じ銀行の場合)

ケース1

お昼すぎに30分仕事をして、4000円の報酬をもらう。
当日に報酬を支払ってもらえたので、午後には友達と豪華なディナーを食べることができる。

お仕事をしたその日に報酬をもらえるので、午前中にお仕事をして、午後にはもらった報酬でお出かけ!ということもできるんですね。

ケース2

今月お金使いすぎて、スマホのお金が払えない!
携帯会社から警告が来て今日中にお金を払わないと止められちゃう。。。

普通の銀行だと、午後3時を過ぎているので、明日にならないと報酬がもらえないのでスマホが止まってしまう。。。

ネットバンクだと1時間はたらいて8000円の報酬!
振込を依頼!!!

5分後には口座に反映されたのでコンビニでおろして、スマホ代を払うことができ、スマホは止まらない、ということになります。

当日にどうしてもお金が必要な時でも、ネットバンクならお仕事で得た報酬を当日振込してもらえるので、とても便利ですね。

振込手数料って全然ちがう?

銀行振込の場合、振込手数料がだいたい216円かかりますが、銀行振込で依頼した場合、年間でどのくらいかかるか見てみると、

1ヶ月に1回振り込んでもらう
12回×216円

→年間2592円

1ヶ月に4回(1週間に1回)振り込んでもらう
12回×4回×216円

→年間10368円

1日1回振り込んでもらう
365日×216円

→年間78840円

このように見てみると、働いたらすぐにお金が欲しい場合(1日1回振込)をした場合は普通の銀行なら8万円もかかるということになります。

ネットバンクの口座を使うと、この手数料が発生しないので、その費用で海外旅行に・・・なんてこともできちゃいますね。

振込手数料は一見少額に見えるかもしれませんが、年間にかかる費用で見てみるとこんなにも大きな差が出てくるんですね。

スマホチャットレディに必要なマイナンバーの知識

マイナンバー制度が導入されるようになって、確定申告のときやいろんな手続きの際にマイナンバーを聞かれることがあります。

マイナンバーは、国が国民一人一人の情報を管理するための数字を割り振る制度で、その人が収めた税金額やその人の支払われた報酬額など、お金に関するところから医療に関する情報までその数字にまとめるための仕組みになっています。

分かりやすくまとめると、誰がどこにお金を払ったかが管理しやすくなる制度といえます。

逆にいうと、国は今まで国民の一人一人の情報をあまり管理できていなかったとういことにもなりますね・・・

お金が支払われたことを管理されている、ということは、つまり、チャットレディがバレるってこと?と思う人も多いでしょう。

チャットレディのお仕事を家族にはバレたくない、と思っている人もたくさんいますが、家族にバレるということではありません。

ただ、国にはバレるということになります。

チャットレディのお仕事で、どこの会社があなたにいくら払ったかは分かりますが、職業までを把握するわけではないので、「チャットレディのお仕事ということがバレる」というわけではありません。

あくまで、マイナンバー制度は「〇〇会社からあなたへお金が払われてるなー」というのが分かりやすくなる制度のことなんです。

マイナンバー制度は税金をしっかり払ってもらいたいために導入している制度なので、把握して何かをされるわけではないので、いろいろな人にバレるなどの心配は不要ということになりますね。

国が国民を把握するのに使うためにマイナンバー制度はあるので、周りの人がマイナンバーを利用して、あなたのさまざまな情報を引き出すことは不可能なんです。

そういうことなので、周りの人(家族、会社の人)にはチャットレディのお仕事、ということは分からないので、マイナンバーでバレるんじゃないかと心配する必要はありません。

マイナンバーを聞かれたら怪しい?

チャットレディの運営会社によっては支払調書という、どのチャットレディにいくら払ったかを国に提出しているしっかりしている運営会社もあります。

そういった会社では、お仕事を始める際、もしくは確定申告に関する書類を用意する時期に、マイナンバーを聞いてくることがあります。

マイナンバーは個人情報の1つなので、「マイナンバーを教えても大丈夫?」と不安になる人も多いかもしれませんが、そういったところは税金関係をしっかりと処理しているだけなので何も問題はありません。

むしろ、きちんと税金に関する手続きをきちんとしている会社だということで、安心してお仕事ができそうですね。

マイナンバーを悪用できる?

マイナンバーはお金に関する個人の情報を管理するためのもの、ということは他の人に悪用されることもあるのでは?と思う人も多いと思います。

実際には、マイナンバーを悪用することはできないようになっています。

それがなぜかというと、マイナンバーに紐づいた情報を調べることができるのはごく一部で、普通の民間の人が他人のマイナンバーを手に入れて何か悪いことをすることはできないようになっています。

「マイナンバー詐欺みたいのよく聞くけど?」という人もいると思いますが、こういった仕組みから、悪用はまずできない、といえます。

マイナンバーのイメージで、何か自分の情報をナンバーを知られてしまえば何か出来てしまうというイメージがあるため、マイナンバー詐欺のようなものを耳にして不安にさせることもありますが、悪用はできないということを知っておくと少し安心できますね。

もし、「あなたのマイナンバーを把握したので、、、」みたいなことを言われても、慌てず、相手にしないで相談窓口などに連絡するのも1つの方法です。

ちなみに、マイナンバーから住所を割り出すこともできないので、マイナンバーを他の人に知られたからといって、住所まで知られてしまう、ということもないので不必要に不安になることはないんですね。

マイナンバーは名前を知られるのと一緒

マイナンバーはチャットレディにとっては名前を知られる程度のリスクしかありません。
住所がわかるわけでもなく、本業の勤め先がバレてしまうこともないので、マイナンバーの提出を求められても不安になることはありません。

マイナンバー制度が始まってスマホチャットレディにマイナスなことは?

基本的にはありません。
ただし、会社からの報酬の支払い先を管理しているので、脱税はバレます。

チャットレディの運営会社が支払調書という書類に、A子さんにこれだけ報酬を払ってますよという証明書をを出しているのにも関わらず、A子さんが確定申告などをせずに脱税しているとマイナンバーで分かりやすくなります。

日本の税務署はただでさえ有能だと言われています。
「確定申告って難しそうだからいいや」「しなくてもバレないだろう」と安易な気持ちで申告をしないでいると、後で税務署から調査が入ることもあるので、脱税だけは絶対にやめましょう。

スマホチャットレディで母子手当がもらえなくなることはない

チャットレディのお仕事をしていると母子手当がもらえなくなるのでは?と思っているシングルマザーの方もたくさんいると思います。

自宅でお仕事をしていても、母子手当を貰える条件に当てはまっていれば、母子手当をもらうことはできるので安心です。

母子手当の貰える条件は、

① 父母が婚姻を解消した子ども
② 父又は母が死亡した子ども
③ 父又は母が一定程度の障害の状態にある子ども
④ 父又は母が生死不明の子ども
⑤ 父又は母が1年以上遺棄している子ども
⑥ 父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた子ども(新規)
⑦ 父又は母が1年以上拘禁されている子ども
⑧ 婚姻によらないで生まれた子ども
⑨ 棄児などで父母がいるかいないかが明らかでない子ども

引用元:厚生労働省~児童手当について~

となっています。
母子手当は毎月の支給ではなく、年に3回に分けて支払われるのが一般的となっているので、早めの手続きをおすすめします。

一方、母子手当がもらえなくなる条件については、全額貰えなくなる場合と、一部貰えなくなる場合があります。

全額貰えなくなる条件

子供が1人の場合
約130万円以上の所得

子供が5人の場合
約330万円以上の所得
※子供の数によって異なる。

一部もらえなくなる条件

子供が1人の場合
約350万円以上の所得

子供が5人の場合
約550万円以上の所得

母子手当が貰えなくなる条件にこの金額以外は存在しないので、スマホチャットレディをやっているからといって、母子手当がもらえなくなることはないため、「母子手当を支給してもらえなくなるのでは?」と思っている方も安心ですね。

スマホチャットレディは雇用保険(失業保険)を貰えないので注意

仕事を辞めた後に行う「雇用保険」の手続きですが、チャットレディのお仕事をする場合、雇用保険(失業保険)の支給を受けることができないので注意が必要です。

雇用保険と失業保険の違い

失業保険という言葉は実は存在しないんです。
失業保険と呼んでいるのは雇用保険の中の保険金の一部の保障内容で、失業しているときにもらえる雇用保険のことを一般的に失業保険と呼んでいます。

雇用保険をもらえる人は再就職活動の人

雇用保険はその制度の主旨として、再雇用までの間の生活苦をサポートしてもらえる制度です。

チャットレディはその扱いが個人事業主になることが多く、チャットレディを始めてしまうと再就職の意思がないとみなされることがあります。

企業への再就職の意志がある人を対象に支給されるので、チャットレディのお仕事をしていると、個人事業主として仕事をしていくとみなされてしまうんですね。

もし会社を辞めて雇用保険中である場合は、チャットレディ以外のことをするようにしましょう。
スマホチャットレディのお仕事をする場合は、雇用保険をいっぱいにもらい終わった時にしましょう。

もし、雇用保険をもらっている最中にスマホチャットレディをする場合は、雇用保険が終わってしまう可能性があるので注意が必要です。

では、雇用保険を支給されている間に、チャットレディ以外の他のお仕事をしたい!という場合は、どうすればいいでしょうか。

雇用保険(失業保険中)の賢い行動

雇用保険をもらっているとき
→アルバイト

雇用保険をもらい終わった後
→スマホチャットレディを始める

雇用保険期間中はアルバイトとして仕事を始め、雇用保険が終わった後にチャットレディのお仕事を始めれば問題ありません。

一方で、雇用保険をもらってる時にチャットレディで働きたい!という人もいると思います。
そういった場合は、アルバイトでチャットレディをやらせてもらえるところで働く、もしくは、チャットレディの運営会社で働いて、先に仕組みなどを慣れておく、くらいしかできないのが実情です。

もし、雇用保険支給中にチャットレディをやっているのに、そのことを隠して雇用保険をもらったことがバレた場合、雇用保険の受給額の約3倍の金額を支払わなければいけないので注意が必要です。

雇用保険の支給期間中はより多くの収入を得たいと思う人も多いと思いますが、チャットレディのお仕事を隠して支給を受けるとこういったペナルティが課せられることがあるので気を付けたいですね。

スマホチャットレディは公務員には[今は]できない

チャットレディは自宅でも通勤という形でも、誰でも始めやすいお仕事ですが、その中でも副業として認められない、禁止されている職業が「公務員」です。

なぜ公務員がチャットレディのお仕事ができないのかというと、公務員は副業が認められていないため、公務員として働きながら副業することは法律で禁止されています。

公務員の副業は法律で禁止されている

引用元:人事院

公務員が副業する抜け穴はない?

公務員として働きながらもう少し収入を増やしたい、と思う人の中には、副業をして口座や給料の受け取り主を母親や姉妹などにすれば隠せはする可能性はあります。

ただし、根本的な解決になっておらず、副業がバレたら懲戒という罰が与えられるのでかなりリスクが高いです。

公務員で副業がバレたら?

もし、公務員で副業していることがバレたらどうなるのかというと、副業の内容にもよりますが、処罰があります。

処罰にはどういったものがあるかというと、

懲戒免職

公務員をクビになるということ

停職

数ヶ月間、働けなくなる。当然、給料は出ない

減給

給料が数ヶ月間下がる

といった処罰が課されます。

一番重い懲戒免職は副業よりも犯罪に近いかたちでお金稼ぎをした場合になることが多いです。

どういったものが懲戒免職の対象となるかというと、一例を見てみると、2012年に警察官が警察手帳を偽造して販売して懲戒免職になっています。

犯罪に加担するような悪質な副業の場合、懲戒免職となることもありますが、チャットレディは犯罪ではないので、チャットレディをした=懲戒免職にはなりません。

だまって副業していた場合にバレると停職になるのが一般的

では、一般的な副業をしていて処罰を受けた場合どの程度の処罰を課されるのでしょうか。

過去の例を見てみると、

過去に声優をやって約半年ほどの停職になった人

飲食店の店員を自宅へ送迎する副業をやった人が半年ほど停職

といった事例が報告されており、この事例から見るとチャットレディがバレた場合は、この処分になる可能性があります。

停職以外にマイナスなポイント

チャットレディを副業としていて副業がバレてしまい、処罰対象となった場合に停職以外にマイナスなポイントはどんなことがあるでしょうか。

チャットレディは、接客業の1つとして成り立ってる大切なお仕事ではありますが、やはりバレたくないというのが本音の人も多いです。

チャットレディをやってバレた場合は、公務員の職場の人にバレる可能性があります。

その結果、職場に居づらくなって自主退職してしまう人もいるんです。

そういったことから、公務員で副業が禁止されている以上は、大きなリスクを承知の上で副業をすることはあまりおすすめできません。

副業を認める企業が少しずつ増えている昨今、公務員も副業を認められるようになると、チャットレディのお仕事もしやすくなりますね。

神戸市で解禁

公務員は全国どこでも副業が禁止されているかというとそうではないようです。

実は神戸市で副業が解禁されたのだそうです。

ただし、条件があり、

①社会性・公益性が高い
②特定団体の利益供与にならない
③勤務時間外
④常識的な報酬額

といった条件が設けられています。

どんな副業でも良い、というわけではなく、社会性・公益性の高いものに認められるといった条件があるんですね。

条件から見ると、チャットレディが社会性・公益性が高いものに認められるかは微妙といえますが、今はチャットレディのお仕事を副業としてできない状況でも、「副業」が認められる自治体が出てきたことは大きいことですね。

今までは副業禁止だったものに対して副業OKになることは非常に大きいです。

今後の他の自治体や副業の条件が緩和することは間違いないといえ、政府が民間企業の解禁推進をさらに進めていく兆候ともいえそうです。

公務員の方で「チャットレディに興味はあるけど今はできない!」という方も、あと数年で副業として認められることも大いに可能性があります。

それまで今は我慢・・・ですね。